2017年6月23日 (金)

the BEATLES

最近 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band の50周年記念盤が出て、本当に久々の話題となったビートルズ。自分は解散後しばらくたってから音楽に目覚めたのでリアルタイムではないけれど、最初に熱中した洋楽はビートルズだった。写真は横浜の博物館で見つけた、全然似ていないフィギュア。リンゴスターのドラムスがまたいい加減。

Dsc08769

これは当時のランチボックスだろうか、ブリキ製なところが60's。アメリカの博物館にて。

Dsc07313_r

そういえばロンドンには10回くらいは行ったけれども、Abbey Road で横断歩道を渡ったり、Get back をルーフトップで歌ったアップル本社跡を訪れたりすることもなく、ビートルズの面影に接することはほぼ無かった。リバプールにでも行けば少しは違ったのかもしれないが。唯一記憶と写真に残っているのが、ロンドン博物館( 過去の関連記事 )で見つけたこのドレス。いつ着るのだろうか、これは。

R0025389_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

おフランス

フランスの陶器と言えばリモージュ。その中でもナポレオン御用達だったという Bernardaud ベルナルド という高級ブランドの食器に、都内のフレンチレストランで遭遇した。

Dsc09557_r

あとで調べると、このミルクピッチャーとシュガーポットなんかはそれぞれ数万円もするではないか。うーん、その価値が理解できないけれど、まあ、おフランスの宮廷文化ということで。( 過去の関連記事

Dsc09556_r_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

手作り看板

ぱっと見はアートのようにも見えるこの看板は、活字の木版を組み合わせているだけのお洒落なアイディア。きっと青い字の部分がお店の名前なのだろう、少し読みにくいけど。この手の木版は、欧州だと蚤の市やアンティークショップでバラで売っているのをよく見かける。( 過去の関連記事

Dsc04114_r

そしてこれはスペインで見たお店。入口の扉(鎧戸と言うのかな?)の内側をお菓子の型で飾っているだけなのだけど、扉を開いただけで看板がわりになるアイディアというか、そのいい加減さがまたスペインぽくてイイね。

R0023054_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

重量級

観光用や宣伝用、報道向けや学術的なものまで、ありとあらゆる種類の地図が載った大型の本を買った。英語版だけどドイツ製の、どっしりと厚い本だ( 過去の関連記事 )。地図ってイイね、空想しながらいつまでも見ていられる。

Dsc09543_r

そしてもう一冊、同じくドイツ製ではあるものの、更に大きな National Geographic社の Infographicsと題する本。長辺は38センチを越える大判だ。

Dsc09541_r

ページ数は480ページで厚みは5センチ越え、そして重さは何と4キロ。大きいので机に置いても読みづらいし、重たいので膝に乗せても読みづらい。一体どうやって読めばいいのやら。Amazonよ、重さも表記してほしい。まあ書いてても見ないで買っちゃうだろうけど。で、肝心の内容は?これはものすごい情報量、So much to be inspired!

Dsc09542_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

リアルな化石

ドイツはバイエルン州の名物、始祖鳥。ミュンヘンの博物館でも見たことがあるが( 過去の関連記事 )、福井の恐竜博物館にもレプリカが展示してあった。羽の痕跡が生々しいけれど、それがどんな色だったかで印象が大きく変わるのだろう。そういえば今、上野で大英自然史博物館展をやっていて、脳の形がわかる始祖鳥の化石の本物が来ている。もちろんバイエルン産だ。

Dsc09611

そしてこれは、イタリアンのカニ!これは化石とはいえ、そのまんまじゃないか。おいしそう。

Dsc09615

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

消防車たち

消防車にワクワクするのは子供だけではない( 過去の関連記事 )。こちらはフランスの古都、オルレアンで見た消防車たち。このヘッドギアのような補強フレームは、どういう機能的効果があるのだろうか。ちなみに地元のルノー製。

Dsc04787_r

こちらは黄色のゼブラ模様が激しい特殊車両( 過去の関連記事 )。

Dsc04789_r

以前、パリのマレ地区に泊まった時( 過去の関連記事 )のホテルの目の前が、フロントの男性いわくナポレオン時代に作られたフランス最古の消防署とのこと。なので伝統的にパリの消防署だけはフランス軍に属しているらしい。

Dsc03172_r

そんな事情もあって、ここはかつての城壁の中に相当する場所に位置している。たまたま扉が開いたので中をのぞくと、こんな感じだった。小さい出入口スレスレの大きな消防車が、何度か切り返しながら苦労しながら出動していった。

Dsc03264_r

そしてアメリカ。やっぱり大きい。パキパキしたガサツな作りや紅白の華やかなカラーリングも、やっぱりアメリカンな感じ。

Dsc09212_r

ちなみに日本はこちら。なぜかかわいく感じるのは、小振りなサイズだけではないと思う。

Dsc02454_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

モディリアーニ

パリで活動したイタリア人、モディリアーニ。昨年に来日していたこの作品は、その平面的な表現のせいか、それとも極端にデフォルメされた「なで肩」のせいか、何となく和風に感じる。昔、事務所にいたMさんにそっくりだ。

Dsc08872

あたかも仮面の目の穴のように描く彼の作風には、いったいどういう意図があったのだろうか( 過去の関連記事 )。日本人は目から、しかし欧米人は口元から相手の表情をつかみ感情を伺うと聞いたことがあるが(サングラスをかけた人に不安を感じるのは日本人だけ?)、彼の絵を見て我々が覚える不安感の理由は、まさにそこにあるのかもしれない。

Dsc08870_r

そしてこの男性像は、乾いた空気感や地中海的な色味がイタリアっぽい。事務所にいる若手のM君にそっくりだ。

Dsc08873_r

| コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

リュトン

上野の東京国立博物館に展示してあった、中近東で発掘されたという紀元前の土器。造形的にも完成度が高いので驚きだ。持ち手が付いているけれど、コップだとしたらどうやって飲み物を入れて置くのだろう、もしかして酒を注がれたら置くことを許されないで飲み続けるしかないヤツ?と思って調べてみると、どうやらこれは儀式用の器で神聖な水(あるいは酒?)を入れるとヤギの口から流れ出るように穴が空いているとのこと。リュトンと呼ぶらしい。諸説あるそうなので興味のある方は調べてみては?( 過去の関連記事

Dsc02950_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

鼠色

グレーと言うよりは、最近あまり聞かない「鼠色」な感じの陶器たち。ドイツのアンティークの店先や博物館でよく目にするこれらの陶器は、英語的にはそのまんま Grey and Blue Stoneware とも言われている。それは Salt Glaze Pottery という古い製陶法のひとつで、焼成中に塩を投げ入れガラス質のコーティングをつくってツヤを出すというもの。

R0020444_r

いい加減な絵付けの我が家のこのジャーは、今では植木鉢になってしまっているけれど、ミュンヘン時代に蚤の市で買ったアンティークの Grey and Blue。

Dsc09706_2

そして昨年訪れたワシントンDCのミュージアムでも、似た鼠色の陶器が見られた( 過去の関連記事 )。これもきっと、欧州から持ち込まれた技術のひとつだったのだろう。

Dsc07272_r

かつてミュンヘンで見た古い陶器製のビアマグにもあったけれど( 過去の関連記事 )、これら陶器の文字の部分も、型押ししたあとに色を入れて拭き取っているのがわかる。

Dsc07274_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

水浴

セザンヌは水浴の絵を何枚も描いている。女性の水浴図は、昨年見たバーンズやフィラデルフィアのもの( 過去の関連記事 )にあるようにユートピアを表していると言われている一方、男性の水浴図の場合はセザンヌ自身の幼少期の原体験がモチーフとなっていると言われている。こちらの写真はデトロイト美術館が保有する正方形の小品で、昨年末に上野に来ていたものだ。背景に描かれている緑が濃くて青くて美しいのは、やはりエクス・アン・プロバンスの情景なのだろうか。( 過去の関連記事

Dsc08863_r

一方、横浜美術館の常設コーナーにあったこのリトグラフは、さっぱりとしてはいるものの男性の群像であるのに加えてポーズや構図が上記作品に少し似ている。おそらく同じ時期に描かれたものなのだろう。

Dsc06303_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

まな板

特に南ドイツでは木を愛する文化圏のためか、木製のカッティングボード、いわゆる「まな板」を売っていることをよく目にしたけれど( 過去の関連記事 )、欧州全体ではカッティングボードを使わないで調理することが多いので、あまりメジャーではないと聞いたことがある。こちらはフランスで見つけた、手作り感あふれるアンティークまな板。廃材とかを利用して作ったんだろうなあ。

Dsc04605_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

ラスコー

フランス南西部にあるラスコー洞窟は、クロマニョン人(実にフランスっぽい名前だ)が2万年前に壁画を描いたことで有名だ。その珍しい展覧会が上野の国立科学博物館で行われた。

Dsc09077_r

壁画は、1940年その洞窟に「落ちた」飼い犬を探していた少年が偶然発見したそうだ。今では高松塚古墳のように損傷が激しくなったので保存の為に閉鎖されているが、この展覧会では3D測定したデータをもとにミニチュアで再現されていた。洞窟という言葉からイメージするような山の中腹に水平に大きく空いた穴ではなく、地面から地下に向かって降りていく複雑にうねった狭い空間だ。そう、少年の犬は「落ちた」のだ。

Dsc09076_r

そして3Dでミリ単位でリアルに再現した壁画が展示されていた。洞窟を模した暗さと狭さを演出していて、まさにエクスペリエンスだ。

Dsc09084_r

地下に複雑に入り組んだ洞窟の、その暗黒の奥深くにかがり火を頼りに潜っていった、そのモチベーションは一体何だったのだろうか。決して人に見せるためのものではなく、ましてや遊びや気まぐれなどではなく、特別な理由と明確な意図と固い決意が無ければ実行しなかっただろう。動物が多く描かれていることから、狩猟の成功と豊猟に対する「祈り」というキーワードが説明に使われていたけれど、本当にそうなのだろうか。

Dsc09090_r

彩色された壁画も、よく見るとアウトラインが線刻されていることがわかる。そして現代的な素描のような線画もある。これは川を泳いで渡る鹿の群れ、と解説にあった。2万年前ですよ、これ。

Dsc09081_r

トリ人間と呼ばれている横たわった像も描かれていて、その傍には鳥がデザインされた「投槍器」という槍投げをエンパワーする補助具が落ちている。確かにこれは、様々な推測や学説を生み出すに十分なストーリー性を持っている。

Dsc09085_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

クスミさん

どこかアジア的な印象のパッケージは、Kusmi Tea クスミティー。ロシアのサンクトペテルブルク(英語的にはセント・ピーターズバーグ)のクスミさんが今から150年前、ちょうど日本では大政奉還の年に、パリで創業した紅茶ブランドだ。( 過去の関連記事

Dsc06594_r

花の模様がカワイイのは女子狙いなのだろう。こういったグラフィックが、どこかアールヌーボー的な、ある意味で当時の欧州文化の名残りのようなものを感じる。

Dsc06595_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

猫の親子

以前行ったルーブル美術館の、エジプトアートのコーナーで見つけた猫の親子。当時猫は害獣駆除の家畜であり、愛すべきペットであり、家を守る神であった。

R0019153_r

こちらも猫の親子のフィギュア。二匹の子供が礼儀正しく乳を飲んでいる。猫好きだったんだろうなあ、愛情たっぷりの表現だ。

R0019154_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

ミュージアム巡り191 ダイナミック

久しぶりのミュージアム巡りはアメリカ編になってしまうが、サンフランシスコの SF MOMA というミュージアム。NYのMoMAとは関係が無い。この建築のオリジナルは巨匠マリオボッタで、マリオベリーニ( 過去の関連記事 )同様に私にはバブル期のポストモダンの空気を感じてしまう。90年代にオープンしたての頃に何度か来たので、当時の時代感が強烈に染みついているからなのだろうけれど。彼は、マリオという名前からも建築の作風からも勝手にイタリア人だと思い込んでいたのだが、調べてみるとスイス人でイタリア国境近くの出身だそうだ。

Dsc09499_r

サンフランシスコのダウンタウンの、しかも混みいった地区に立つこの美術館は、なかなか全体像を俯瞰することが難しい。唯一、同時期に作られた隣接する公園から正面を見通せるようになっている。その特徴になっているストライプ模様で円筒形になっている部分は、ちょうどエントランスホールの吹き抜けになっていて、そこから見上げるとこんな感じだ。

Dsc09483_r

そこにぶら下がっているのは、アメリカの現代彫刻家カルダーの巨大なモビール。やはり彼のダイナミックな作品は、こういった大きな空間にこそ似合う。( 過去の関連記事

Dsc09482_r


この美術館は昨年、建物の奥にあたる部分を増築している。北欧の建築設計事務所 Snøhetta (スノヘッタと読む)による、ちょっと変わったファサードだ。

Dsc09497_r

うねってる、というかシワがよっている感じ。これは図面化は不可能で、3Dデータなしでは実現できなかっただろう。マリオボッタの本館が構築的な印象なのに対して、こちらは流れるようなダイナミックさをアンチテーゼとしたのかもしれない。

Dsc09496_r

その新館部分の裏口にあたるロビーにあった巨大な鉄板彫刻は、Richard Serra というアメリカのアーティストの作品だ。これもダイナミックに渦巻いているのは、やはりコンセプトに従ったのだろうか。

Dsc09489_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

いとしのエリコ

エリクソンと言えば、今では通信インフラにリソースを集中してその道では世界一を誇っているけれど、私の知る時代には携帯電話の代表的プレーヤーだった。

そして最近、とある展示会でエリクソンのエリコフォンに遭遇した。持ち上げると自動的にオフフックとなるようにスイッチが仕組まれているはずだ。そしてその裏には回転式のダイアルが付いているはずだ。ああ、持ち上げたい。( 過去の関連記事

Dsc07816_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

薄いタイヤ

これは薄いタイヤだ。乗り心地よりもコーナリングやブレーキングを優先したスポーツカーの証し、なのだろうけれど、何より見た目がカッコいいのはなぜだろう。黒いゴムが大きいと確かにもっさり見えるかもしれない。ゴムの比率が小さくなると、より金属ホイールが目立ってマシンな感じに見えるからかな?バランスって大切だ。

Dsc08413_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

ビスクドール

キューピーの原型に近いものを、横浜人形の家で見た。オリジナルは米国生まれのキャラクターだけど、初期の人形は樹脂ではなく、このドイツのビスクドールという陶器製だったそうだ。

Dsc08778_r

その当時のビスクドールも展示していた。ドイツ製の人形は、シュタイフの縫いぐるみだけではなかったんだ( 過去の関連記事 )。ちなみにWikiによるとビスクドールのビスクはビスケット biscuit と同じ語源のフランス語で、「二度焼く」意味が転じているそうだ。なるほど。

Dsc08785_r

そして更にリアルなものも。少し怖い感じもする。

Dsc08782_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

ポンポン

パリの骨董店のショーウインドウで見かけたこれは、フランソワ・ポンポン風?まさか本物ではないと思うけれど、カッコいい。

Dsc03262_r

ところでウインドウ手前に写っている、欧州ではよく見かけるシャッター的なものは、巻き上げると下の写真のようになる。鎖のように硬いけれども柔軟性があるという構造が、古いのだろうけど不思議と魅力的に感じる。

Dsc04858_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

グラマン

ユナイテッド航空がらみでもうひとつ。シカゴのオヘア空港はユナイテッドのハブ空港で、ターミナルは独特の機能感あふれるスタイルとなっている。

Dsc09168_r

まるで機械や飛行機の構造体のような鉄骨むき出しの建築で、80年代のトレンドというか当時の意気込みのようなもの感じる。実は自分が初めて降り立った海外の空港がここで、NYへ向かう国内線はまさにこのターミナルだった。当時は完成したてで話題になっていたことを思い出す。

Dsc09169_r

この空港は二次大戦で活躍した O'Hare という英雄パイロットの名前にちなんだそうで、彼が乗っていたものと同型のグラマンの艦載機ワイルドキャットが空港の一画に展示してあった。昨年行ったスミソニアン博物館にも展示してあったものだ( 過去の関連記事 )。そこではユナイテッドのパイロットとおぼしき人がひとり、その解説を読んでいた。

Dsc09162_r

そしてグラマンと言えば、意外にも消防車や商用トラックなんかもつくっている。たまたまサンフランシスコ市内で見かけたこのUPSのトラックも、やはりグラマン製だ。いったい、いつのデザインなんだろうか、これは。

Dsc09449_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

«ユナイテッド