« ミュージアム巡り63 数寄屋 | トップページ | ツリー »

2010年12月 7日 (火)

掘り炬燵

掘り炬燵(こたつ)を連想させる屋外ベンチ。これは地元ミュンヘンの Konstantin Grucici ( 過去の関連記事 )のデザイン。日本文化にも造詣が深い彼のことだから、もしかして意識したのかも。

R0012833


« ミュージアム巡り63 数寄屋 | トップページ | ツリー »

コメント

このベンチ、ちゃんとコミュニケーションをデザインしているのですね。
下のリンクは、この秋、銀座で見たDidier Fiùza Faustinoのアート作品。

http://fukuhen.lammfromm.jp/wp-content/uploads/2010/08/100825didier53.JPG

投稿: m.k | 2010年12月 7日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546413/50060707

この記事へのトラックバック一覧です: 掘り炬燵:

« ミュージアム巡り63 数寄屋 | トップページ | ツリー »