« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

読み順

以前、ロンドンで見かけた非常停止ボタンの表記。読み方は10時‐2時‐6時の位置の順らしいが、すごい違和感。まあ、読めるけれども。日本語だと、こういうレイアウトにはしないだろう。

R0021417_r

| コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

つっかえ棒

建物の間の通路を見上げると、ちょっとおしゃれな飾りのようなものがあった。でも待てよ、これは建物が互いに倒れないようにした「つっかえ棒」じゃないのか?( 過去の関連記事

R0022264_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

ネット

リンゴにかぶせてあるようなネットを、くるっと巻き込んだかのようなデザイン。これは単なるオブジェではなく、ちゃんと座れるイスだ。一体どうやって作ったのだろうか。

R0021344_r

こちらは本物のネットを使った照明で、ロンドン在住のデザイナーの作品(確か北欧のメーカー)。縫い目が少し生々しいけれども、それも味わいのキャラクター。そして何よりも、光が心に優しい。

R0023680_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

ろうそく

蝋(ろう)を使ったインスタレーション。溶かした蝋に漬けては冷やし、を繰り返したのだろう。

R0018879_r

そして下の写真は、博物館で見た蝋燭(ろうそく)の製造工程。かつては、こんな道具を使っていた。やはり基本は同じで、ディップ&クール。

R0019940_r

蝋燭のあかりは、欧州では今でも普段の生活で目にすることが多く、特に北欧では世界一の消費量だと聞く。暖炉もそうだけど、暖かく揺らぐあかりは我々のDNAにインプットされている感覚に、直接響く何かを持っている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

リアライト

自転車のリアライトが、サドル下のパイプに内蔵されているモデルを見た(この業界では常識なのかもしれないが)。これは、小型かつ省電力のLEDで初めて実現するアイディアなのだろう。写真では伝わらないが、流れるように点滅するのもLEDならでは。

R0022929

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

キリム

織物のキリムの模様を押出し形状で3D化したオブジェ。まるで高層建築の模型だ。イスラム系の文化的意味のある模様が、機能的意味合いのある形状であるかのように変換されてしまう不思議。

R0021310_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

カエル

小さなカエルたち。彼らは、昨年ルーブルで見つけたエジプトの出土品( 過去の関連記事 )。砂漠とはいえ、ナイル川があるのでカエル達もいたのだろう。きっとこれらは置物やアクセサリーなどではなく、想像するに雨乞いや豊穣などの願いを込めたものだったに違いない。

ところで、あなたは何番の子が好きですか?私は、そうだな、やっぱり7番かな。

R0019151_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

赤いケーブル

小さな丸いテーブルに載っているのは、ナチュラル素材が心地よいライティング。黒いベース部はダイキャスト製で、妙に小さいけどかなり重いので、重量バランスを問題無く保っている。何と言っても最大の特徴は、ピリッと視覚的スパイスになっている赤いケーブル。

R0021434_r

そして最近、やたらと街で目にするBeatsのヘッドホンのコードも赤。パワフルなサウンドの象徴、なのだろう。

R0023300_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

手漕ぎ四輪

手漕ぎの四輪車を見つけたのは、以前紹介したことのある三輪車バージョン( 過去の関連記事 )と同様に、フランスだった。きっと彼らは、脚力より腕力に自身があるにちがいない。

怖いアンティークの人形が飾ってあったけれど、どうか夢に出てきませんように。

R0019496_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

アーティチョーク

ポールヘニングセン( 過去の関連記事 )のデザインした照明。その形状からアーティチョークと呼ばれているけれど、どちらかというと巨大な松ぼっくり。

R0024333_r

これは銅板を職人が丁寧に加工して組み立てるという、非常に手の込んだものだ。よく見ると、反射光を計算して裏表でツヤを違えていたりする。昔は日本で100万円くらいした記憶があるが、今のユーロ安ではどうなっているのだろうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

タクシー

ベネチアでは、これがタクシー。ウッドが家具的で美しく、イタリアの職人技を垣間見る感じだ。

R0016595_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

バウンダリー

ソファなどの家具でファブリックの生地を選ぶ感覚は、服を選ぶ時のそれに近いかもしれない。そしてこれは、確かイタリアの女性デザイナーの作品で、成型された様々な模様を選ぶことができる。ファッションとプロダクトの境界(バウンダリー)のデザイン、といったところだろうか( 過去の関連記事 )。

R0018778_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

夏を待つ季節

夏を待つ季節。ビヤガーデンは準備万全、天気さえ良ければいつでもオープンするぜ、という意気込みを感じる( 過去の関連記事 )。

R0015237_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

BMWのベンチ

BMWのデザイン会社 designworks によるベンチが、BMWショールーム前に設置してあった( 過去の関連記事 )。シンプルながら、ちょっと「ひとひねり」した造形が特徴。

R0022978_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

メルセデスのチャリ

メルセデス( 過去の関連記事 )のパワーアシストの自転車、いわゆる e-bike を発見。少し大振りなのは旧型なせいか。最近発表されたAUDIのものは、更にスマートに洗練されている( 外部サイトへリンク )。

R0024048_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

電波塔

話題のスカイツリー、ではなくベルリンのタワー。旧東ベルリンに建てられ、今でもランドマークになっている( 過去の関連記事 )。当初はテレビの電波塔だったけど、今ではドイツテレコムが使っているとのことだ。上海にあるおもちゃのような電波塔の先端も、確かこんな球状だったはず。どれもこれも趣向を凝らしてはいるけれど、横浜マリンタワーのほうがカッコいい、と思うのは私だけだろうか。

R0020755_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

ジョウロ

フランスで見かけたこのブリキのジョウロは、かなりヘタっているようだけれど、雰囲気がある。はたして現役なのだろうか。

R0019751_r

またちがう街だったけれど、蚤の市で売っていたブリキ製品の中にもジョウロを発見。

R0019987_r

ちなみにジョウロはWIKIによると「如雨露」すなはち「雨露のごとし」と書き(美しい!)、語源はポルトガル語の「 jorro 」かも、とのこと。そう言われて見ると、確かに欧州由来の形に見えてくる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »