« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

パッケージ

えーと、これはスタルクかな( 過去の関連記事 )。Kartell社のチェアのパッケージが道端に積んであった。中身入ってるみたいだけど、いくら田舎とはいえ不用心じゃない?

R0019639_r

パッケージと言えば、Nippon Style Note のブログにもパッケージデザインネタをアップしたので、よろしければご覧くださいね。( 関連記事はこちら

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

大きなカウチ

大きなカウチはソファに価値を変換する、の図。曲線で構成されたユニークなデザインだ。それにしてもデカい、四畳半は確実に埋まるなコレは。( 過去の関連記事

R0021205_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

落書き?作品?

これは落書き?いえいえ、立派なアート作品(一部)です。

R0011695_r

そういえば以前、店の壁に奈良美智の落書きを見つけた( 過去の関連記事 )が、横浜美術館では今、彼の大規模な展覧会をやっている。

そしてこれは作品?落書き?いえいえ、普通に壁の補修工事でした。

R0011547_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

機能主義

ドイツを去る時に同僚からもらったワインオープナー(写真手前)は、キッチンウエアで有名な南ドイツのWMF社のもの。いかにもドイツ的というか、機能主義的なデザインだ。奥に見える、曲面を多用したエレガントなフランス製のものと比較すると、まるで工具かマシーンのように見える。

R0024748_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

なんちゃってビーチ

ドイツには海がほぼ無いに等しい( 過去の関連記事 )、ということで街には「なんちゃってビーチ」がゲリラ的に出現する。中には白い砂を大量に持ち込んで、大きな砂場の特設ビーチカフェみたいに仕立てるところもある。そして写真は、リバーサイドの「なんちゃってビーチ」。いったい何人の酔っ払いが川に落ちたことやら。

R0015561_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

ホワイトキルト

南仏( 過去の関連記事 )のホワイトキルト。細かくて手の込んだものだ。肌触りがサラリとしていて心地よい。(買って帰ればよかった)

R0019893_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

硬質な建築

硬質に写った鋭角なビル。怪しい暗雲をその鏡面に映して、さらにその硬質感を際立たせていた。

R0015634_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

情熱と冷静

赤い光に満たされた部屋。情熱と興奮を誘い、脳をアクティベイトさせる色。

R0023072_r

そして逆にクールダウンさせる青い光の部屋。知性と冷静の色。あなたに今、必要なのはどちらの部屋?

R0023071_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

エアフレーム

エアフレームのテント。膨らますためのポンプが添付されているので、忘れていくと大変な事になりそうだ。かなり軽そうだけど、風で飛ばされたりしないのだろうか?

R0023675_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

カジュアルシック

ボロは着てても心は錦(若い人すみません)的なソファは、こう見えても新品。ユーズド風に加工したジーンズと同じと言えば同じ、ファニチャのファッション化の一端とも言えよう( 過去の関連記事 )。うーん、わからんでもないけど、わざとらしさが許せない。

R0018824_r

一方、同じカジュアルシックであっても、VITRAの解釈は上品でお洒落。これはイイね。

R0015017_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

ドローイング

まるでドローイングのようなチェアは、オブジェなのだろうか、カッコよすぎる。

R0024503_r

そしてこのドローイング的な盆栽は、こう見えてもちゃんとした売り物。少し怪しい雰囲気だけれども。

R0024319_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

近未来

モダンな建築のファサードにも見えるグラフィックパターン( 過去の関連記事 )が、インテリアの内装に施されていた。近づいてよく見ると、その中をミニカーが渋滞していて、近未来の風景に空目してみたけれども、車種がなんせ古い。

R0021649_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

花のある生活

もう7月、夏がまた来る。ミュンヘンの街角では、花が咲き誇っている( 過去の関連記事 )。

R0014551_r

ミュンヘンは豊かな街だと思う。高級車も多く目にするし、道の清掃や公園の整備も行き届いている。欧州の他の都市と違って、廃屋やスラム化した地域などはまず見当たらない。花のある街の全てが豊かであるとは思わないが、少なくとも花のある生活は豊かだと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »