« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

吊り棚

まるで帆船のように、マストとワイヤーで吊られたガラス板が特徴の棚。この職人技とアートの融合は、どう見てもイタリアン。復刻版を青山のカッシーナに展示してあったけれど、お値段なんと400万円!どうしてそんなに高いのか。

R0025438_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

鍵屋

ロンドンで見かけた鍵屋さん。扉中央のハンドル以外はフェイクのペイントだ。うん、わかりやすい。

R0025321_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

シャンパン

なぜかハレの場で記号的に活躍するシャンパン。保冷ケースを兼ねたこのパッケージは、王者モエ・エ・シャンドンのもの。光を拾うCMFと造形の組み合わせによってTPOを演出するデザインは、華やかでこの時期にもぴったり。

R0025618_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

クックロビン

今年のUKのクリスマス切手は、クックロビンで知られるコマドリ。

R0025691_r

この鳥、十字架に架けられたキリストのイバラの冠を外してあげようと頭が血だらけになったことに由来して、クリスマスの時期に登場するとのこと。ドイツではあまりメジャーでなかったのは、宗派の為だろうか。誰が殺したクックロビン。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

宿り木

横浜のデパートでドイツのクリスマス菓子のシュトーレン( 過去の関連記事 )を買った。そのパッケージのグラフィックがきれいで、しかも良く見るとちゃんと宿り木の模様になっているのでびっくり( 過去の関連記事 )。しかし日本って何でもあるなあ。

R0025667_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

ミュージアム巡り144 昔の未来

春先に行ったチェコで立ち寄った科学技術館的なミュージアム Nová budova Národního muzea の写真が出てきたので、思い出したかのようにアップしてみる。( 過去の関連記事

R0023748_r

そこで大型スクーターのような残骸を見つけたのだけど、最近の日本のスクーターも大きいんで、デザイナーやエンジニアが夢見たであろう未来の街の姿というのは、案外似たようなイメージだったのかもしれない。

R0023752_r

そう言えばプラハの街行くトラムのデザインも、ぽっちゃりしていて不思議な感じが共通していた。これもやはり、同じ未来を夢見たのだろうか。

R0023825_r

カスタムカーなのかな?この街には本当に変なものが多くてワクワクする。( 過去の関連記事

R0023843_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

結び目

ロンドンのデザイン事務所から頂いたライト。結ぶというコンセプトが、とても「いとへん」でいい感じ。( 過去の関連記事

R0025614_r

赤い線、というところが日本的に感じるけれど( もうひとつのブログから )、その事務所にはアジア人はいない。

そして彼らの事務所にあったデスクライトのサンプルは、編みものの最中といったコンセプト。白木や真鍮やクロムやマットブラックなど、様々なCMFで展開しているところが今風だ。

R0025420_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

絵本

昨年も紹介したアドベントカレンダーのティーバッグ( 過去の関連記事 )。今年紹介するのは、かわいい絵本仕立て。

R0025664_r

R0025665_r

もちろんティーバッグ自体、パッケージだけでなく茶葉がそれぞれ異なっている。イラストに描かれた数字が大きくなるにつれ、きよしこの夜の聴こえるクリスマスが徐々に近づいてくる。( 過去の関連記事

R0025666_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

挿し色

革靴のソールがビブラム製で、しかもカラフル。側面まで回りこませないのが節度なのだろう。スーツの裏地なんかにも見られるテクニックだけど、ビジネスのファッションとして強い挿し色をもってくるところが英国的に感じた。

R0025172_r

ロンドンの街でもこんな挿し色に出くわすんだもの、やっぱり感性の違いなのだろうか。少なくとも我々には勇気が必要だね。

R0025228_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

長い冬

もう12月。欧州では長くて寒い冬が始まる。写真は一昨年の今頃のミュンヘン近郊。最高気温が零度を下回る日々の始まり。そして同時に、クリスマスを迎える暖かい季節でもある。( 過去の関連記事

R0017245_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »