« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

ラベンダー

南仏名物のラベンダー、そしてそれを使った製品の代表選手と言えば石鹸だろうか( 過去の関連記事 )。きっと何でもある日本のことだから、このブランドもどこかで売ってるにちがいないけれど。さすがはフランス、グラフィックがかわいい。

R0025792_r

そしてラベンダー好きはフランスだけではないようで、こちらは英国製。パッケージのグラフィックが相変わらずエレガント( 過去の関連記事 )。

R0025791_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月26日 (木)

アフォーダンス

「あ”っ」っていう感じの落書き。そこにそれを書き込みたくなる何かがあったのだろう( 過去の関連記事 )。別の人が書いたとしても、やはり顔を描くのだろうか。アフォーダンスの一種として研究の余地がありそうだ。ウソです。

R0025333_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

背広

「背広」の語源とも言われるロンドンの Savile Row (セビルロウ)という通りには、かつてスーツの仕立て屋さんが軒を連ねていたという。そして今でももちろん老舗が誇らしげに店を構えている。

R0025179_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

デキャンタ

カフェでピッチャーがわりに使われていたカットグラス(風?)のボトルが素敵。アンティークのデキャンタだろうか。入っている水が得体が知れないので飲みませんが、私の場合。

R0026359_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

ロックな切り紙

ロックな切り紙を見つけた( 過去の関連記事 )。ライブの案内なのだろうか。遠くからでも目立つので、いいアイディアだと思う。ところでこの Flying V と呼ばれるギター、見た目はカッコいいけどすごく弾きにくいんだよね、余談だけど。

R0025186_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

性格の不一致

よっぽど趣味が違っていたのだろうなあ。こういうのって、人種や出身地、宗教なんかも絡むことが多いのでややこしい。せめて隣人同士の仲が良いことを祈るのみだ。

R0025253_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

ミラーの球体

先日、都内で行われていたアンドレアス・グルスキーというドイツのアーティストの個展に行ってきたのだけれど、岐阜山中にあるニュートリノ検出施設のスーパーカミオカンデを撮影した作品が、ミラーで球状の装置が無数に画面を覆い尽くしていて、神秘的かつ強烈なインパクトだった。巨大なプリントで引き伸ばされたディテイルを間近で見ると、ミラーの球面に写りこんだ施設内部がまた不思議な空間で、現実のものとは思えなかった。ポスターにもなっていたので、覚えている方も多いだろう。

ところでAnish Kapoor というアーティストを御存知だろうか?ロンドンを拠点に活動するインド人アーティストで、最近ではシカゴのクラウドゲートという巨大なミラーのオブジェが有名だ。写真は数年前にロンドンのRA( 過去の関連記事 )前を通りかかった時に見つけて撮ったもの。時間がなくて展示会は見れなかったのだけれど、パブリックスペースに展示してあったこのミラーの球が集合したような作品を、グルスキーのカミオカンデを見て思い出した。

R0011384_r_2

ミラーのオブジェは昔からいろいろあると思うけれど( 過去の関連記事 )、彼のミラーの扱いは特別だ。この作品では、下の方の球は目線の位置にある魚眼レンズがこちらを写した感じで(当たり前か)、上の方にある球にはその高さから見下ろした自分が写っている(当たり前か)。そして部分を拡大してみると、こんな感じ。不思議でしょ?

R0011384cut4_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

ミュージアム巡り146 科学の歴史

知り合いの事務所が空間と設備のデザインを担当したコーナーがあるというので、春先にロンドン行った際にScience Museum を、毎度のことながら駆け足で見てきた。ミュンヘンのそれとは規模が十分の一くらいだけれど( 過去の関連記事 )、施設も新しくて子供にフォーカスを当てた良い展示だと思った。自然史博物館やV&A( 過去の関連記事 )の隣にあって、場所的にもとても良い環境だ。

R0026423_r

やっぱり気になるプロペラのついた飛行機たち。模型だけどね。

R0026432_r

いかん、どこへ行っても同じようなものにばかり眼がいってしまう。あ、飛行艇!やばい( 過去の関連記事 )。

R0026438_r

これは巨大な複葉機。

R0026439_r

そして、ん?これは新しい!今日の飛行機が全てこのカタチが進化したものだったとしたらと夢想してみる。

R0026433_r

ちなみにこのカブトガニのような物体は、ホバークラフトのようなものらしい。

R0026442_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

愛される羊たち

羊さんは皆に愛されている様子で、欧州ではどの国であっても、そこが街の中であったとしても、様々なカタチで見かけることが多い( 過去の関連記事 )。そしてこの場合、青い子がとってもおしゃれで気になる。

R0026365_r

そして田舎の蚤の市で見かけたこちらは、手作りっぽいけど素朴。顔は怖いけど、脚がかわいい。

R0022728_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »