« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月29日 (日)

アコーディオン

昨年、北欧の港町で見かけたストリートミュージシャン、と言うよりむしろ「流し」のおじさんが持っていたのはアコーディオン。あとでブランド名からたどって調べてみるとドイツ製、しかも世界最古のメーカーとのこと。Wikiによると、中国の笙が起源、というのには驚いた。

R0024441_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

ツリーのその後

欧州のクリスマスでは生ツリー( 過去の関連記事 )を飾り付ける家庭が多いけれど、クリスマス以降はどうするのだろうか、と思ってドイツの同僚に聞いてみると、年明けまでは部屋に飾ってあるけど三賢王の日( 過去の関連記事 )あたりに片付けるとのこと。まるで正月飾りを燃やす日本のどんと焼き(左義長)のようだ。

去年ミュンヘンの地下鉄で見た市の告知ポスターには、使用済みツリーをどうやって回収するかが書かれている、たぶん。

R0022818_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

Angel on the street

エンジェルにもいろいろあって( 過去の関連記事 )、写真のものは言わばストリート系のようなものだろうか。いずれにせよ愛されている事が伝わってくる。

R0025222_r

様々な宗教や文化に登場するエンジェルだが、天平時代の日本にも飛天として伝わっていたようだ( もう一つのブログから )。はたしてその起源はどの時代で地域はどこなのだろうか、そして何より、人々のどこに響いてどうやって伝わっていったのだろうか、とても興味深い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

クリスマスバージョン

年に一度のクリスマスバージョンの登場、とは言ってもパスタですが。さすがはデザイン大国、イタリア人の考えることは一味違う、とは言ってもパスタですが。( 過去の関連記事

R0025672_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

木靴

木靴の製造過程を大阪の博物館で展示していた。これはひと昔前のフランスのものらしいけれど、一番奥の完成品なんか、やたらカッコよくないか?さすがにフェミニン大国、おフランスだ。

Dsc00303_r

ちなみに、木靴で有名なオランダでお土産用に売っていたのはこんな感じ。イメージどおりもっさりしている。国土の多くが海面下な為に、湿ってぬかるむことの多い土地で足が沈み込まないように使われたものだそうだけど( 過去の関連記事 )、調べてみると日本の下駄も同じようなぬかるみ対策から生まれた歴史があるようだ。

R0022461_r

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

計算機

計算機、とは言っても、これは英語的にはComputer ではなくCalculator だろう。しかもすごいぞ、機械式。アナログが全ての解を導く手段だった、ある意味では良き時代。

R0026424_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

毛玉

これでもリースなのか?とは思うけれど、かわいいので良しとする。フエルトのボール( 過去の関連記事 )、といういうかほぼ毛玉状態、を大小取り混ぜてリング状に縫い付けてあるだけのデザインリース。リースも色々あって、デコレーションの世界もなかなか楽しい。( 過去の関連記事

R0025303_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

カート

飛行機の機内カートを使った収納が、都内の展示会で出品されていた。ルフトハンザで使われているものと全く同じ仕様だそうで、ジュラルミンの素材や足で操作するストッパーなどはそのまんま。ドロアーや外装グラフィックなどのオプションがいろいろ用意されていることをウリにしていた。いいお値段だけど、ちょっと欲しいかも。

Dsc00543_r

そういえば飛行機用ではないけれど、オフィス家具としてアイディアを取り入れたであろうカートを見つけた。今やフリーアドレスで自席が無いオフィスも多いので、自分用のPCや書類を入れる為のキャビネットとして考え出されたにちがいない。これを転がしながら、さて今日はどこに座ろうかな、って。

R0024954_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

備えあれば

暖炉の薪を積みあげた家。欧州では郊外などでよく見かけるけれど、どれも冬が来る前にひと仕事したぞという達成感に満ちあふれている( 過去の関連記事 )。備えあればなんとやら。でも冬の間に全て使い果たすとすれば、環境には優しくないけれど。。。

R0019710_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »