« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月26日 (月)

cut outs

大好きなマティスの切り絵( 過去の関連記事 )を、テムズ河畔のテートモダン( 過去の関連記事 )でやっていたので、出張ついでに行ってきた。

Dsc01663_r

いやあ、最高。切り絵とはいえ、久々に絵を見てドキドキした。

有名なJAZZシリーズは版画集として頒布されることもあって比較的サイズも小振りの、とは言ってもA2サイズくらいはあるが、それでもエネルギッシュな作品で、その原画のいくつかも展示してあった。自ら着色した紙を切って貼るわけだけど、紙に残る筆跡や試行を繰り返したであろう仮止めの画鋲の穴などが生々しく残っていて、切り絵の現物を見るという作品鑑賞の仕方に初めて価値を感じた。

切り絵といっても巨大な作品が多く 、特に壁画やステンドグラスの習作で残るものは数メートル四方の、それこそ壁面を覆い尽くすほどの迫力があるものもある。

私の好きなBLUE NUDEシリーズは、その大作の一部にある女性像の為のスタディで、大きさはそれでも小柄な女性の原寸大くらいはあるだろうか。今回の展示では各地に散逸した4枚の連作が勢ぞろいしていて、前述の細かく切った紙を試行錯誤で貼った穴だらけのものもあれば、逆に大きなハサミで一気呵成に切り取ったものもあった。思わず買ってしまった重たいハードカバーの図録の表紙も、このひとつだった。

Dsc01711_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

オーガニック

UKのオーガニックのフルーツジュース。ナチュラルですがすがしいパッケージは、これからの季節にぴったりだし、グラフィックデザインはさすがのUK品質だ。ちなみにこれは都内で売ってたものだけど、お値段のお高いことったら、さすがの東京プライスだ。

Dsc01489_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

はさみ

古い教会の外壁に見つけたのは、ハサミ。。。一体なぜ?

床屋か仕立て屋の墓標とか?まさかハサミの神さまの聖地?いや意外とハサミ発祥の地だったりとか?不思議だ、気になる。

R0022702_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

未来の過去

この未来的な空間は、ミュンヘンのBMWミュージアム( 過去の関連記事 )のアーカイブコーナー。実物の展示は華やかで賑わっているけれども、どうもこの手の展示は人気がないようだ。自分自身もミュンヘン時代には何度もこのミュージアムには来たはずだけど、このコーナーには一度しか入ったことが無い。しかしそんな地味になりがちな空間を、展示の中心である過去をその延長線上にある未来を示唆するかのような演出によって、明るい空間に仕立てているのに好感が持てた。

R0023000_r

そしてプロジェクションとモーションセンサーを駆使したインタラクティブなテーブル。触った年表上のキーワードの場所に説明文や動画が映し出されるしくみになっている。うーん、未来だ。

R0022984_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

落書きのクオリティ

ここまで丁寧な落書きは、むしろ作品と呼んでもいいのかもしれない。

049_r

こちらはフランスのストリート。グラフィックのクオリティは高いけれど、本来のゲリラ的側面が強い。そして国によって主題が結構違ってるのが面白く、これはこれで研究テーマになりうると思う。( 過去の関連記事

R0019398_r

そういう視点で見ると、この落書きはどうなのだろうか。子供っぽいというか元祖落書きというか、プリミティブすぎてクオリティも何もないけれど、妙に心に残ると思いません?

R0013065_r

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

old vespa

改造したベスパだろうか?しかもかなり旧型?タイヤが片持ちじゃないけど?というか、三輪?もはや原型をとどめていないような気がする。都内にて。( 過去の関連記事

Dsc00929_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »