« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月28日 (水)

アナログとデジタルの融合

これはコンピューターのプログラムによってシンクロナイズされた、数百個のアナログ時計を使ったキネティックアート( 過去の関連記事 )。動画で見なければ理解できないだろうが、時間になると写真のようなデジタル表示の時刻表記になるものの、すぐに全体の揺らめくグラフィカルなパターンの中に埋もれていく。抽象と具象のシームレスな流れ、詩的な表現とテクノロジーとの融合、あるいはアナログとデジタルのあいまいな境界の可視化が実現されている。ドイツ人とスウエーデン人のユニットによる作品と聞いて、ああなるほどね、と思った。

Dsc02718_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木)

自然素材

自然素材の持つぬくもりというか、人肌になじむ感触というものは、他の工業的素材ではなかなか再現できない( 過去の関連記事 )。そういった素材をそのまんま生に近い形でプリミティブに使った照明を見かけたのだけど、さすがにインテリアとして住環境との相性は抜群に良く思える。木材を使ったものなんかは、集積したものを完璧な平面で直方体に切削していいるので、直線基調のモダンなインテリアとも素直に調和する。暖炉の薪を想起させるところもまた、欧州の人にとっては暖かいに違いない( 過去の関連記事 )。しかしこれらをプロダクトデザインと呼ぶべきか否かは、少し悩むところだ。

Dsc02607

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

民藝家具

民藝の流れを受けた松本民芸家具は、柳宗悦( 過去の関連記事 )やバーナードリーチ( 過去の関連記事 )の指導を受け、多くの家具を製作し続けてきた。そして今でも、例えば写真のリーチのディレクションした椅子などを作って販売している。このベースは本国イギリスのウインザーチェアだけど、優しい曲線のアレンジと和のテイストを併せ持つ、独特の存在感を持っている。

Dsc02280_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

大御所

80歳を超えて、最近 Sir の称号を女王陛下から受けた Kenneth Grange。Pentagramの創始者としても知られている。彼が活躍した60年代の代表作のひとつが、この照明。今でもデスクライトのアイコンとなっている。

Dsc01695_r

マーガレットハウエルは、自らの審美眼にかなったプロダクトをフィーチャーしてショップで取り扱っているが( 過去の関連記事 )、このライトも彼女なりのシックなカラーリングを施して出している。

Dsc02759_r

そんなプロダクトデザイン界の大御所でも、しっかりと新作を出していて、それがこの照明。シンプルでバランスがよくモダンなデザイン、今時感があっていいじゃないですか。

Dsc01626_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

Dior

「ディオールの世界」と銘打った大規模な企画展が、銀座の一等地のビル4フロアを貸し切って行われていた。しかも無料という大盤振る舞い、さすがは大御所。それでも単なるブランドの誇示ではなく、ファッションの文化としての価値を共有する形で社会貢献するという企業姿勢に、好感が持てた。

Dsc02649_r

中には折り紙のような構造的で美しいものもあって( 過去の関連記事 )、畑違いのデザインの世界ではあるが、十分に楽しめた、というかむしろ勉強になった。

Dsc02650_r

シンプルな構成で、これだけ豊かな表情を持たせられるのは、やっぱりデザインの持つ力だ。クリスチャン・ディオール自身、若い頃には建築や彫刻を勉強したとのことで、その素養が発揮されている。

Dsc02651_r

そして圧巻はドレス。ダイナミックな造形とエレガントな表情は、迫力を伴って伝わってくる。ああ、美しい。

Dsc02655_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

欧州の羊たち(総集編)

昨年の馬( 記事はこちらと、そしてこちら )に引き続き、今年の干支の羊たちの特集を。

欧州では、郊外に行くと馬や牛を普通に見かけることが多いのだけれど、南ドイツはアルプスに近いせいもあって羊も良く見かけることになる。(過去の関連記事

R0013683_r

もともと羊はイースターでは多産の象徴的な意味があって、春先になるとウサギと共に、その姿を様々な商品として店先で見かけるようになる。(過去の関連記事

R0018253_r

そして人気者の羊さんは、遊具となって売られている。モコモコで気持ちよさそうだ。子供用にはもったいない。(過去の関連記事

R0015371_r

そして街のあちこちで、様々なカタチになって目にする。ん?青い羊?(過去の関連記事

R0026365_r

これは日曜大工仕事なのだろうか?手作り感が微笑ましい。

R0022728_r

そしてこれはウールマークっていうこと?おしゃれになって店頭ディスプレイとしても大活躍。(過去の関連記事

R0022550_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »