« エコなチェス | トップページ | 7×14 »

2015年11月23日 (月)

ミュージアム巡り166 女城主

歴代の城主が女性だったというシュノンソー城 Château de Chenonceau。そんなに有名じゃないと思ってたけれど、今週末のTV番組「美の巨人たち」で取り上げられるとのことなので、慌ててアップしておく。

Dsc04587_r

ここはフランス中部の、かなりな田舎にあるにも関わらず妙に訪れる人が多く感じた。近くを通るので寄ってみたのだけど、知らなかったのは私だけなのか?上の写真は館の正面で、すぐ裏手にはロワール川の支流が流れている。そしてなんと、何代目かの女城主はそこに架かる橋の上に建物を増築したのだ。素人の考えることは恐ろしい。

Dsc04618_r

そして川辺にはいかにもフランス風の、幾何学的なデザインの庭園が見える。きっと部屋から見えるようにしたかったのだろう。

Dsc04623_r

広場をはさんだ隣にあるもうひとつの庭はこちら。異なるデザインの庭が二つ並んでいるのは、王様の正妻と妾のそれぞれの庭だったとのこと。それも何やら恐ろしい話だ。

Dsc046252

それでもさすがは女性、インテリアはかわいらしいところも散見できる。暖炉の模様はキューピットが取り持つ王様と自分のイニシャルで、ラブラブな感じ。

Dsc04593_r

橋の下の川の水面ギリギリのところには台所がある。なるほど、水の利便が良かったのかもしれない。もちろん城主が自ら入ることはなかっただろうけれど。

Dsc04619_r

橋の下とはいえ、ちゃんとした部屋になっている。主人も来ないし、使用人にとっては意外と居心地は良かったのかもしれないな、これは。

Dsc04613_r


« エコなチェス | トップページ | 7×14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546413/62198495

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージアム巡り166 女城主:

« エコなチェス | トップページ | 7×14 »