« ゾウの針刺し | トップページ | 木の家電 »

2016年1月27日 (水)

ミュージアム巡り168 ピカソ

昨年パリのマレ地区に1週間ほど滞在した際に、ホテルの近くにあったピカソ美術館に訪れた。前にバルセロナに行った時も同名の美術館があった(なぜか記事にしてなかった)が、さすがにピカソは人気者、という感じだろうか。

こちらは長年にわたって改修のため閉館していたのが、最近リニューアルオープンしたとのことだった。もともと、ここはルイ14世時代の古い館を改装したものということで、外観的には住宅街の環境にも普通に馴染んでいる。部屋から外を見ると、となりのアパートの部屋が見えそうな感じだった。古い時代のガラスのためにひずんで見えるのは、まさかプライバシー配慮の為ではあるまいが。

Dsc03128_r

内装も古い部分を生かしながら、美術館としてのセキュアな機能を融合させている感じだった。

Dsc03125_r

この花をモチーフにしたような一連の照明器具は、このミュージアムに向けたオリジナルのデザインなのだろうか。シンプルながら、なかなかカワイイではないか。

Dsc03108_r

そして新しく仕立てたであろう内装のディテイルも、モダンで素敵。間接照明やLEDを駆使している。

Dsc03111_r

階段の踊り場のちょっとしたデッドスペースも、リズム感を伴いワクワクするような視覚効果を加えている。

Dsc03122_r

新旧の造形がせめぎあうディテイルなんかも面白い。こんなの写真撮ってるのは私ぐらいかな。。。

Dsc03120_r

おっといけない、ピカソだった。

Dsc03123_r

このデッサンは木炭だろうか、勢いのある線が生々しくてカッコいい。これは欲しい。

Dsc03113_r

詳しく知らなかったのだけど、彼は様々なスタイルにチャレンジしてる為に、年代が変わるごとに作風や表現手段がバラバラだ。こんな半立体のコラージュも作っている。

Dsc03115_r

同じく楽器をモチーフにした、こちらは立体のオブジェ。まるで絵からゴロンと飛び出してきたかのようだ。段ボールなんかを使っているけれど、きれいに保存してある。

Dsc03114_r

これはアートっぽい椅子、ではなくて、椅子をモチーフにしたアート、が正しいのだろう。ちょうど今、世田谷美術館で企画展が行われているフリオ・ゴンザレスというスペインの彫刻家が、パリで出会った同郷のピカソに、鉄の加工方法や表現技術を教えたとのことだ。

Dsc03130_r

これはスーパーシンプルな鉄の彫刻。すごく新しく感じるし、しかもカッコいいと思う。すごいぞピカソ。

Dsc03119_r


« ゾウの針刺し | トップページ | 木の家電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546413/61808197

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージアム巡り168 ピカソ:

« ゾウの針刺し | トップページ | 木の家電 »