« 自転車好きの眼鏡屋 | トップページ | ミュージアム巡り177(US編) 宇宙へ »

2016年6月24日 (金)

ミュージアム巡り176(US編) 飛行機

ワシントンのスミソニアン博物館群(全部で19もある!)で一番人気と言えば、この航空宇宙博物館 National Air and Space Museum ということで間違いないだろう。もともと二次大戦後の戦闘機を中心とした「航空」博物館だったのが、1960年代に宇宙開発が盛んになって「航空と宇宙」としてロケット関係のコレクションを中心に拡大していったとのことだ。郊外のダレス空港近くには、さらに別館があって、スペースシャトル(ディスカバリー)やB52(エノラゲイ)などの大物が展示されているらしいので、マニアは必見だろう。

今回は、まず「航空」から。

Dsc07034_r

もともと構造や機構に詳しかった自転車屋さんが試行錯誤の末、1903年に初めて飛ばしたという飛行機がこちら。そう、かのライト兄弟 Wright brothers の飛行機だ。まだ100年ちょっとしか経ってないんだよね、これが。展示の機体は、布は貼り替えたものなので新しく見えるけれど、木製フレームはオリジナルとのことだ。写真ではわかりにくいけど、パイロット(人形)とエンジンが左右に分かれて載っていて、重さのバランスを保つ工夫がなされている。運転席が左側というのが車と同じなのが面白い。エンジンから伸びている長いチェーンで左右のプロペラを回しているのがわかるだろうか、さすがは自転車屋さん。プロトタイプを繰り返して実現させたイノベーション事例として、今だからこそ再び注目に値すると思う。

Dsc06917_r

その後の時代にエンジンがだんだん大きくなって、現代の飛行機っぽい形態になるまでの進化の過程が興味深い。

Dsc07049_r

そしてやはり先端技術は戦争の道具として活用され、皮肉にもその戦争で進化する。特に第一次大戦の空はドイツの独壇場だったとのことだ。こちらは赤い三葉機で、ミュンヘンのドイツ博物館にも似たものがあった( 過去の関連記事 )。

Dsc06965_r

こちらはフランスの複葉機。

Dsc06968_r

アメリカは一次大戦にはあまり関わってないと思うけれど、カッコいい複葉の水上機、カーチスがあった。まさに「紅の豚」の世界だ。

Dsc06932_r

複葉機は翼が短くてすむらしく、艦載機としての活躍もあったようだ。

Dsc07031_r

そして「翼よ、あれがパリの灯だ」の単葉機。ニューヨークとパリくらいの距離は飛行機で行ける時代を迎えることになる。しかしこの機体は、大きなガソリンタンクをエンジン近くに改造して載せた為に、操縦席からは前が見えないという最悪の設計になっている。賞金目当ての争いだったので時間が無かったという裏話もある。

Dsc06945_r

こちらはロッキード社のモニュメンタルな単葉機だそうだ。赤いボディがカッコいい。

Dsc06937_r

そして二次大戦。と言えば、そう零戦。キャプションは Mitsubishi A6M Zero だった。初めて見たはずなのに、塗りなおされたであろう機体の質感に、なぜか違和感を感じた。

Dsc06991_r

これはイギリスのスピットファイア。子供の頃に持っていたプラモデルの、この独特の曲線がキレイだと思っていた。

Dsc06999_r

アルファロメオのエンジンを積んだイタリアのマッキは、アフリカ戦線用のカモフラバージョンだった。その下に見える米国のマスタングは、いかにもアメリカンなカラーリングとグラフィックに感じる。

Dsc06993_r

そしてキター!ドイツのメッサーシュミット。ドイツ軍の兵器は戦車にせよ戦闘機にせよ、どれも本当に強そうに見えるから不思議だ。この会社はアウグスブルグ近郊( 過去の関連記事 )にあったけれど工場や空港は空襲で壊滅し、戦後は小さな車を作っていたこともある。( 過去の関連記事

Dsc06997_r

そしてアレやコレや、ああすごい。ドイツの博物館でも戦闘機はさんざん見てきたけれど( 過去の関連記事 )、それでもUSバージョンということでやっぱりワクワクした。

Dsc07029_r

戦後に商用旅客機の時代を迎えてからも、様々な機体が生まれては消えている。( 過去の関連記事

Dsc06963_r

これらの尾翼のカタチがとても気になる。もしかして尾翼フェチ?丸い尾翼のカワイさったらもう。

Dsc06981_r

Dsc06985_r

スポーツとしての飛行機の世界もあるようだ。やっぱり赤い機体はカッコいいし、しかもそれが複葉機だったりすると更にグッとくるのはなぜだろう。

Dsc07088_r


« 自転車好きの眼鏡屋 | トップページ | ミュージアム巡り177(US編) 宇宙へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546413/63634753

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージアム巡り176(US編) 飛行機:

« 自転車好きの眼鏡屋 | トップページ | ミュージアム巡り177(US編) 宇宙へ »