« エスプレッソマシン | トップページ | 石の船 »

2018年5月11日 (金)

絶妙の後脚

ウェグナー( 過去の関連記事 )については何度か書いたが、こちらは紹介してなかったシェルチェアー。プライウッドの曲面を巧みに組み合わせたシンプルな造形で、翼のように左右に伸びる大きな座面が特徴的だ。個人的には、そこが好きになれないポイントなのだけど、当時のミッドセンチュリーの時代感みたいなものもあったのかもしれない。

Dsc01568

この時代のチェアーは、シンプルを極めようとした結果なのかもしれないが、三脚のものが少なくない( 過去の関連記事 )。このシェルチェアーもやはりプライウッドを使った三脚なのだけれど、他と決定的に異なるポイントがこの後脚。レイドバックした背もたれを中央付近まで深々と受け止め、視覚的にも確実にバランスを支えている安定の造形だ。

Dsc01570

こちらは珍しい、赤の光沢で塗装されたバージョン。初めて見たけれども、ミッドセンチュリー感がぐんと増している。和風?たしかに。

Dsc01569


« エスプレッソマシン | トップページ | 石の船 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546413/66612601

この記事へのトラックバック一覧です: 絶妙の後脚:

« エスプレッソマシン | トップページ | 石の船 »