« 庭園 | トップページ | デザインのお国柄 »

2018年6月 4日 (月)

こいのぼり

300匹ものこいのぼりが大空間を群れで泳ぎ回るというインスタレーションが、先月になるが都内で行われていたので見に行った。

Dsc01922

これらは Adrien Gardere アドリアン・ガルデール というフランスのデザイナーによる空間設計だそうだ。彼はプロダクトなどもデザインしていたけれど、最近ではSANAA建築のルーブル美術館ランス別館のクールな展示( 過去の関連記事 )で有名になった。そういえば昨年、同じ場所でフランスの建築家によるインスタレーション展示があったけれど( 過去の関連記事 )、フランス人のプレゼンテーション能力は今の時代において価値が高まってきているのかもしれない。

Dsc01955

こいのぼりの群れは入口から入っていって、広いスペースの奥で大きく円を描いてターンして出口に向かう流れになっていて、人はその流れに沿って行けば一回り見て出ていける動線計画になっている。その円の中心には寝転べる大きなクッションがいくつも置かれていて、そこで群れを下から仰ぎ見ながら3Dサラウンドで設計された音響によって浮遊感漂う不思議な体験をすることができるようになっている。

Dsc01919

テキスタイルは全て須藤玲子というデザイナーが担当しているそうだ。カラーやパターンだけでなく、透けたものや厚手でゴワゴワのもの、クシャクシャなもの、もじゃもじゃのものなど豊かなテクスチャーのバリエーションを感じることができる。

Dsc01936

やっぱり錦鯉、というか赤いものが一番しっくりくる。この感覚は日本人だけなのだろうか?カッコいい。

Dsc01948

Dsc01929

このインスタレーションの為に用意されたのは、国立新美術館の天井高8mという一番大きな展示室。その空間を存分に活かした展示になっている。一番低い群れは人の背丈よりも低く、しゃがんで通り抜けなければならない。

Dsc01956

入口付近の群れは白や生成りの明るい一団。テクスチャ勝負ということで、これはこれで見どころがあって好きだ。

Dsc01953

最後は黒っぽい一群が、光の差す出口の方に向かって去っていく感じ。君たち、ありがとう。さようなら。

Dsc01954


« 庭園 | トップページ | デザインのお国柄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546413/66764158

この記事へのトラックバック一覧です: こいのぼり:

« 庭園 | トップページ | デザインのお国柄 »