« デザインのお国柄 | トップページ | 硬派 »

2018年6月13日 (水)

躊躇、そして葛藤

ロダンの大理石の彫刻が今、横浜に来ている。その名も「接吻」。

以前、パリのロダン美術館で見たもの( 過去の関連記事 )かと思いきや、3体作られたうちのひとつとのことだった。調べると一作目はロダン美術館蔵(パリ万博出展)、二作目がこの英国テートギャラリー蔵のもの(米国人発注後にテートが購入)、三作目はデンマークのビール会社カールスバーグの発注、同美術館蔵だそうだ。

Dsc01894

背中の表現は、まさにミケランジェロに通ずる筋肉フェチ( 過去の関連記事 )。

Dsc01897

今回の展示では360度見て回れる。ロマンチックな題材ながら、女性の背中にもつい筋肉表現してしまうロダン。

Dsc01898

そしてタイトルにもなった「接吻」の瞬間がこちら。あまりよく見えないようにしているのは、作家による時代への気遣いだったのだろうか。

Dsc01906

そして正面に戻って、再び男の手に目をやる。パリでも感じたのだが、これこそこの作品最大の主題にちがいない。力強い男の手とかよわい女性の肌の対比、そこに表れる女性への気遣いと躊躇(ちゅうちょ)、そして葛藤。

Dsc01903


« デザインのお国柄 | トップページ | 硬派 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546413/66763831

この記事へのトラックバック一覧です: 躊躇、そして葛藤:

« デザインのお国柄 | トップページ | 硬派 »