« パリ3区 | トップページ | プロペラ »

2018年8月 3日 (金)

航空機部品

こちらはフランスの田舎の古道具屋にあった、何とプロペラ。飛行機の、その機種はおろか、素人の私にはどれくらい古いものかさえわからない。航空機部品という分野もマニアは多いだろうが、さすがにプロペラ持ってるよ、という人は少ないだろう。

R0020007_r

そして、こちらはロンドンのミュージアムにあった飛行機のタイヤホイール。軽量化を追求した結果だったのだろう、自転車のようなスポークになっている。

かつて大型飛行機は飛行艇として水面から離着陸、というか離着水していた( 過去の関連記事 )のが、良質なタイヤによって滑走路から離着陸できるようになった歴史がある。その大きな重量を支えるタイヤはもちろん、更にそのタイヤを支えるホイールも密かに進化し続けているに違いない。

R0026443_r


« パリ3区 | トップページ | プロペラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/546413/66926446

この記事へのトラックバック一覧です: 航空機部品:

« パリ3区 | トップページ | プロペラ »