2017年8月14日 (月)

ミュージアム巡り192 Levi's

ジーンズの Levi's は、ゴールドラッシュの最中に労働者向けのパンツをサンフランシスコで製造販売したのが始まりだそうだ。創業の Levi Strauss さんは、その名前からもイメージできるようにドイツ移民で、ニュルンベルクの北にある彼の生家は今ではミュージアムになっているそうだ。

Dsc09470_r

本社はやはりゴールドラッシュに沸いたサンフランシスコにあって、この春たまたまその建物の前にあるデザイン事務所を訪問したついでに立ち寄った。

Dsc09460_r

ロビーにはショップやカスタマイズのワークショップもあって、今風のクラフテッドなテイストだった。

Dsc09469_r


Dsc09467_r

そしてここにはちょっとしたミュージアムもあって、その展示の目玉はアンティークのジーンズだった。こちらはボロボロのカーキ。

Dsc09464_r

そして初期の頃のジージャン(って今でも言うのかな?)、とは言っても確か二次大戦の頃だったはず。

Dsc09465_r

通常ジーンズを染める工程では大量の水を使うのだけど、ここはカリフォルニア、水の消費を抑えることは企業の美徳とのことで、その技術をアピールしていた。

Dsc09466_r

ところで、柳本浩市のコレクションを見に行った時に Levi's の商品ラベルを見つけた。いかにも古き良きアメリカンな感じなのは、狙ってコントロールしたものなんだろう。

Dsc09843_r

Dsc09844_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

赤べこ

Arla というのは欧州ではチーズやヨーグルトでよく目にするデンマークの乳製品ブランドで、日本で言うと雪印的な存在。EUからの乳製品は関税撤廃の方向らしいので、日本のスーパーでもよく見かけるようになるのかもしれない。

このArla のキャラクターは、たまたま柳本浩市コレクションを見ていた時に棚の中で発見したもの。どうやら昔は赤い牛がトレードマークだったようだ。なるほどデンマークの国旗と同じ愛国のカラーリングだったのが、会社のグローバライズによってノーマライズしていったということなのかもしれない。

Dsc09854_r

日本では赤毛の牛というのは食用という印象があるけれど、欧米ではどうなのだろうか。まさか東北の「赤べこ」からインスパイア、なんてことは無いだろうけれど。写真は共に都内にて。

Dsc02738_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

道具としてのトラクター

なぜかトラクターが昔から気になっている。大きなタイヤにグッとくるし( 過去の関連記事 )、働く車として機能最優先のカタチが、純粋に道具的でカッコいいと思う。そんなわけで図鑑も持ってたりするのだけど、この表紙はJohn Deere社のトラクター。

Dsc08265_r

そして写真のダイキャスト製トラクターを入手したのは20年ほど前で、その時には既にアンティークだった。マサチューセッツ州の田舎街で立ち寄った店で見つけたもので、赤い色がたまらない。シュツットガルトのポルシェミュージアムにも赤いトラクターが展示してあったのを思い出す( 過去の関連記事 )。

Dsc00014_r

そしてネットのオークションで買ったトラクターは、何と素材は木質のMDF成形品。ボロボロだけど小さくてカワイイ。

Dsc00015_r

そしてこちらは、フェラーリのデザイナーだった奥山さんがデザインしたヤンマーのトラクター。あたかもロボットにトランスフォームしそうな風貌で、道具としての機能感とは異なる新しい価値づくりの意図を感じるけれど、これはイメチェン真っ最中のヤンマーのブランド施策の一環らしい。( もうひとつのブログから

Dsc08309_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

環境大国

SJとはスウェーデンの国鉄。アンティークのポスターだけど、独特の色合いとシンプルな表現が、いかにも北欧的だ。同伴のお子さんは無料ですよみたいなことが書いてあるのだろう、たぶん。このように電車での移動をアピールしているのは、やはり環境的配慮への思いが強いからなのかもしれない。

Dsc09833_r

そしてこれは車内食堂用なのだろうか、スプーンやフォークもプラスチックなんか使わずに、ていねいに成形された木材だ。とても北欧的ではないか。そういえばスウェーデンは世界トップクラスでキャッシュレス化が進んでいるそうで(確か数%)、今では電車のチケットも体内に埋め込んだマイクロチップで決済できるそうだ。これもやっぱり環境のため?

Dsc09786_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

ティーポット

Whittard という英国の紅茶ブランドは、日本ではあまり知られていないけれど有名な老舗とのとこ。英国っぽいこの青いパッケージは、ティーポットが姿抜きしてある。

Dsc06592_r_2

そのポットは、やっぱりアレですかね?( 過去の関連記事

R0025868_r_2

それとも、もしかして Wedgewood の、ちょっとエレガントなコレですかね?

Dsc06596_r

そして、この同じく英国ブランド Clipper のカワいいパッケージに描かれたポットは、何?( 過去の関連記事

Dsc06586_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

ザル

フランスの博物館で見つけたアンティークのバスケット。欧米では、あまりこういう浅い形のものは見ないけれど( 過去の関連記事 )、一体何に使っていたのだろう。あるいは単に、パンや果物を載せるだけのものだったのかもしれない。

Dsc04611_r

このくらい浅いものは、日本ではザル(笊と書く)に相当するのだろう。籠がそうであるように笊もまた日本のバスケタリーの代表選手で( もうひとつのブログから )、そして共に漢字が示すように竹に依存していることが多いようだ。

下の写真の繊細なつくりのザルは、福井で発見した古道具。この底面が正方形というユニークなデザインは、何か特別な機能的要求から生まれたものなのか、あるいは天円地方の思想を反映したものか。道具の世界は実に奥が深い。

Dsc09634

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

コンフィチュール

コンフィチュール confiture はフランス語でジャムを意味する。ちなみにコンフィは「漬けこんだもの」を意味する調理方法だそうで、似たものではコンポート「シロップで煮こんだもの」なんかも良く見聞きする。

写真のかわいらしいパッケージは、ドイツ国境にほど近いアルザス地方に住むフェルベールおばさんが作るコンフィチュールで、最近では日本でも手に入る。近くのストラスブールに行ったことがあるが、かわいいものだらけのチャーミングな街だった( 過去の関連記事 )。きっとこういう文化なのだろう。

Dsc08841_r

そしてこちらは、かのピエールエルメ Pierre Herme のスイーツ、Ispahan ( もうひとつのブログから )の名を冠したバラの香りのコンフィチュール。何と、これもフェルベールおばさんが作っている。ピエールエルメもアルザス地方出身ということで、同郷のよしみでコラボレーションが実現したに違いない。しかしこのパッケージ、パリの都会っぽいエレガンス(これをエスプリと言うのかな?)を感じませんか?同じフランスでも上記パッケージが田舎くさく見えてしまうけれど、まあ、それはそれで変わらないでいて欲しい。

Dsc09124_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

the BEATLES

最近 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band の50周年記念盤が出て、本当に久々の話題となったビートルズ。自分は解散後しばらくたってから音楽に目覚めたのでリアルタイムではないけれど、最初に熱中した洋楽はビートルズだった。写真は横浜の博物館で見つけた、全然似ていないフィギュア。リンゴスターのドラムスがまたいい加減。

Dsc08769

これは当時のランチボックスだろうか、ブリキ製なところが60's。アメリカの博物館にて。

Dsc07313_r

そういえばロンドンには10回くらいは行ったけれども、Abbey Road で横断歩道を渡ったり、Get back をルーフトップで歌ったアップル本社跡を訪れたりすることもなく、ビートルズの面影に接することはほぼ無かった。リバプールにでも行けば少しは違ったのかもしれないが。唯一記憶と写真に残っているのが、ロンドン博物館( 過去の関連記事 )で見つけたこのドレス。いつ着るのだろうか、これは。

R0025389_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

おフランス

フランスの陶器と言えばリモージュ。その中でもナポレオン御用達だったという Bernardaud ベルナルド という高級ブランドの食器に、都内のフレンチレストランで遭遇した。

Dsc09557_r

あとで調べると、このミルクピッチャーとシュガーポットなんかはそれぞれ数万円もするではないか。うーん、その価値が理解できないけれど、まあ、おフランスの宮廷文化ということで。( 過去の関連記事

Dsc09556_r_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

重量級

観光用や宣伝用、報道向けや学術的なものまで、ありとあらゆる種類の地図が載った大型の本を買った。英語版だけどドイツ製の、どっしりと厚い本だ( 過去の関連記事 )。地図ってイイね、空想しながらいつまでも見ていられる。

Dsc09543_r

そしてもう一冊、同じくドイツ製ではあるものの、更に大きな National Geographic社の Infographicsと題する本。長辺は38センチを越える大判だ。

Dsc09541_r

ページ数は480ページで厚みは5センチ越え、そして重さは何と4キロ。大きいので机に置いても読みづらいし、重たいので膝に乗せても読みづらい。一体どうやって読めばいいのやら。Amazonよ、重さも表記してほしい。まあ書いてても見ないで買っちゃうだろうけど。で、肝心の内容は?これはものすごい情報量、So much to be inspired!

Dsc09542_r

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧